受動喫煙防止条例と分煙機

###Site Name###

受動喫煙が社会問題になっていると言われていますが、受動喫煙と言うのは非禁煙者が喫煙者の副流煙を吸い込む事を意味しており、この受動喫煙を行う事で肺ガンのリスクが在ると言われているのです。

また、喫煙者が吸う煙は本流煙と呼ばれるもので、本流煙よりも副流煙の方が有害な物質を多く含んでおり、肺ガンのリスクを高めてしまう事からも受動喫煙が社会問題になっているのです。


しかし、この受動喫煙は非禁煙者だけではなく、喫煙者でも同じことが言えます。

24時間換気について知りたい方のお手伝いをします。

喫煙所などのような狭い空間で喫煙をする場合、他の人が喫煙をしていれば、その煙を吸い込む事になり、受動喫煙を行う事になるわけです。



分煙機は、受動喫煙のリスクを下げる目的で喫煙所の中に設置されているのですが、分煙機は飲食店の喫煙席などにも設置されています。因みに、前は喫煙が出来たけれども、今は全面的に禁煙になったと言う飲食店、施設などが多く在りますが、これはそれぞれの地域において、受動喫煙防止条例という法律により規制が行われているもので、禁止地域においては分煙機を利用しての分煙、喫煙所の設置の何れかによる喫煙を禁止しており、全ての場所での喫煙を規制している条例になっているもので、条例の規制には第一種施設として官公庁や病院、学校が設定され、規則で定める措置を講じることで喫煙室を設ける事は出来るとしています。

また、第二種施設として飲食店や宿泊施設などが設定されており、第一種施設同様に、規則で定める措置を講じることで喫煙室を設ける事は可能と言われています。